長谷屋ん、

はせやん

Author:はせやん
囲炉裏のお宿
ざんざ亭代表

長野県伊那市杉島1127
電話0265-98-3053

 
山師の長谷屋ん、
木の伐採、枝下ろし、支障木の処理、山の手入れ 長谷屋ん、営業時間外 山師やっています。
御気軽にご相談ください。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
10月1日(土曜日)

伊那ますみの森で伊那谷自​然環境ライブラリーpresents

「森をきく森に語る​」が開催されます。

当日は、はせやんも鹿カレー出張します。

また午後より、日本が誇る木登り技術

「ぶり縄」木登り講習会を行います!

みなさん、鹿カレー食べて木登りして、

森を感じて、森を眺めましょう!!

森にきく森に語る

上をクリック!

雨天中止なので晴れてください!!!
2011/10/01(土) 17:44 | コメント:0 | トラックバック:0 |
高遠の有機農家中原さんが合鴨農法で飼っていた合鴨たちが、

その役目を無事終えたので、

御役目ごくろうさんの解体をしました。

合鴨は、アヒルとマカモをかけ合わせた鳥で、

飛ぶことが出来ません、

これを利用して有機農家の中では田んぼの雑草を食べさせるために、

合鴨農法をやるのです。

ところが合鴨は1代限りの鳥で、

子供は飛べるようになってしまいうまく合鴨農法では使えません。

そんなんで、合鴨農法をやっている中原さんは役目を終えた鳥の

処理に大変困っていました。

それならばということで、われわれが絞めてありがたくいただこうじゃないか

ということとなりました。

004_20110930230850.jpg
005_20110930230850.jpg
007_20110930230848.jpg

肉は意外に少なかったけ、

砂肝、レバー、心臓は新鮮なうちにただきました。うまい!!

あとは、骨からだしをとってカモ鍋かな~。

燻製もやります。

それにしても、いただく命に感謝です。







2011/09/30(金) 23:14 | コメント:0 | トラックバック:0 |
焚き火会の次の日は、

「ざんざの集い」という、伊那、長谷を盛り上げていこうという人々が

集まる交流が行われました。

集まった人は多種多様で、ここで集まった人たちから何が生まれてくるのか、

とても楽しみです!!

ここでは、長谷で紙芝居をしている久保田さんによる

糸くるまを披露してもらいました。

005_20110926094005.jpg

この紙芝居がとても良い!

切り絵の紙芝居はかなり立派なもので、

着物姿がきまっている久保田さんの名調子で進むお話は

かなり雰囲気がありこのざんざ亭の雰囲気にとても良く合っています。

この日は孝行猿のお話でした。

長谷は民話の宝庫で、今のところ10話以上あるようです。


昨日のざんざ節といい、この紙芝居といい

長谷はとても面白い取り組みをされている方がたくさんいます。

こんな素敵で素晴らしいものをざんざ亭で、

全国のみなさんに紹介していこうと思います!

焚き火会やいろんないろんなイベントでお披露目する予定ですので、

是非お楽しみに!!
2011/09/26(月) 10:15 | コメント:0 | トラックバック:0 |
火をキーワードにそこに人が集まり交流を深める集まり、

焚き火会の第一回目を9月23日(金曜日)に開催することが出来ました!

今回は食の専門家やまけんこと、山本謙治さんを招待して、

食の講演会を開いてもらいました。

内容は、良い食とはなにか?

日本の食を守るには、われわれ消費者はどうすればよいのか、

など食べる側の人にとってとても考えさせられる内容と

地域の魅力的な特産をどう作っていけば良いか、といったことまで

盛りだくさんの内容でした。

そしてそのあと山本さんを交えての焚き火会。

目玉はざんざ亭の由来であるざんざ節ときんにょんにょの披露です。


001_20110926094006.jpg

この踊りは地元のざんざ節保存会の皆さんで受け継がれていて、

独特の調子で踊るこの踊りは今の我々にはとても新鮮で、

とても楽しめるものでした。

「ざんざ亭とざんざ節」これからどんな展開になるか、

はせやん的にもとても楽しみです!

最後はにんなで、ざんざ節を歌って、踊ってとても良い会になりました!!


焚き火会これから定期的に行っていこうと思います。

次回は11月を予定しています。

是非皆さん、焚き火会に参加して盛り上がりましょう!
2011/09/26(月) 09:49 | コメント:0 | トラックバック:0 |
9月23日(金)に<焚き火会>というイベントをざんざ亭にて、行います!
農産物流通・ITコンサルタント、食生活ジャーナリストの山本謙治さんを講師にお招きして
23日午後2時、講演会を行い、そのあと囲炉裏を囲みながらみなさんで飲み語らいます。
 
 
 講演会のみ 500円
 講演会と焚き火会参加 4000円(ビュッフェ、ノンアルコール)
 講演会と焚き火会参加 5500円(ビュッフェ、フリードリンク)
 講演会と焚き火会参加+宿泊大部屋(朝食付き)8500円
 講演会と焚き火会参加+宿泊(朝食付き)   11000円  

 要予約です。

となっています。

私たちが毎日食べる食べものに問題提起してくれる山本さんと大いに語り、飲みましょう!

山本謙治略歴



愛媛県今治市に生まれ、埼玉県北本市で育つ。自由の森学園高校、慶應義塾大学環境情報学部卒業。同大学院政策・メディア研究科修士課程修了。野村総合研究所、ワイズシステム(現・(株)シフラ)に勤務した後、2004年に独立。 大学在学中には、まだ空き地の多かった慶應義塾湘南藤沢キャンパスの中で「畑をつくらせて欲しい」と交渉。大学院棟建設予定地の5反ほどの土地を開墾し、後に畑サークル「八百藤」を設立するなど、当時から異色の行動派として知られる。

本業の傍ら、開設したブログ「やまけんの出張食い倒れ日記」が有名になり、一般には本業よりも「料理評論家」として認知されているようだが、ブログの内容は食べ歩きの記事だけではなく、日本の農林水産業の現状や食の安全性を問うものなども多い。


山本謙治さん通称やまけんの食い倒れブログです。http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/



是非皆さんのご参加をお持ちしています!
お友達も誘ってください!

あと、焚き火会お手伝いしてくれる人いないかな~大募集です。
2011/09/23(金) 07:13 | コメント:0 | トラックバック:0 |
8月にざんざ亭がオープンして半ばを過ぎました。

自分的には8月ひっそり始めて色々と体制作りを、

しようと思っていたのですが(パンフレット、ホームページ・・・)

予想外?にお客様に来ていただき嬉しい忙しさでした。

そして、料理がお客様に好評でとっても励みになります!

8月の終わりは平日は落ち着くと思われるので、

はやく色々と体制を整えたいと思ってます。

9月はイベントを予定していますので

その準備をやらなくては。

とにかく1つ1つやることをこなしていき、

ざんざ亭でしか味わえない料理、体験をお客様に

提供していきたいと思っています。

そして、また来てもらえたら最高です。

005_20110822091144.jpg

この日の夕食。
手作り梅ジュース、かぼちゃと枝豆の煮物、インゲンの生姜炒め、
浅漬けサラダ、トマトと揚げ豆腐のお浸し、囲炉裏で焼いた岩魚塩焼き、
コーンとかぼちゃの冷製スープ、焼きナスのごまびたし、
鹿ハムのきゅうり添えと手作りモッツァレラチーズ、、
後だしで猪のホエー煮、いのししベーコンの茶わん蒸し、
インゲンを練り込んだ手打ち豆うどん、となっています。


004_20110822090345.jpg

お昼に2000円コース。
ここにインゲン豆を練り込んだ手打ち豆うどんがつきます。



005_20110822090345.jpg
011_20110822090345.jpg
007_20110822090345.jpg
008_20110822092142.jpg
016_20110822091024.jpg
2日間で20人、22人の千葉の子供たちが農山村の体験でざんざ亭に泊りました。
竹細工あそび、手打ちうどん体験、囲炉裏でパンを焼くなど色々体験しました。















2011/08/22(月) 09:27 | コメント:0 | トラックバック:0 |
約1年間営業をしていなかったざんざ亭が私が代表になり、

8月1日にリニューアルオープンすることが出来ました。

1日は地元の方をお招きして昼食会をしました。

006_20110802095633.jpg

005_20110802095619.jpg

料理は居酒屋 長谷屋ん、時代よりさらにパワーアップして、

うどん、チーズ、ハム、ベーコン、パン(天然酵母)などなど全て手作りです。

以前から作っていた鹿ハムはより生タイプの仕上がりになって、

なかなかの出来栄えですし、

うどんもこの地域の郷土料理にヒントを得て

大豆を生地に練り込んであります。

ざんざ亭の料理はこの土地でしか食べられないモノを目指して、

鹿、猪のジビエ料理と郷土料理を掘り下げて作った料理を

お出ししていきます。

ご期待ください!


オープン前日まで、本当にたくさんの方に手伝いに来てもらいました。

本当にありがとう!感謝の気持ちでいっぱいです。

ざんざ亭は私1人の力では到底オープンすることはできませんでした。

白鳥市長をはじめ、長谷産業振興課の皆さんのご協力や、

地元の方々のお力添え、

仲間の協力のおかげで1日のオープンにこぎつけました。

この方々の恩に報いるためにざんざ亭を必ず成功させなくてはいけません。

どうぞよろしくお願いします。
2011/08/02(火) 10:11 | コメント:4 | トラックバック:0 |
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。