長谷屋ん、

はせやん

Author:はせやん
囲炉裏のお宿
ざんざ亭代表

長野県伊那市杉島1127
電話0265-98-3053

 
山師の長谷屋ん、
木の伐採、枝下ろし、支障木の処理、山の手入れ 長谷屋ん、営業時間外 山師やっています。
御気軽にご相談ください。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
ざんざ亭では〆に手打ちうどんをお出ししています。
そばではなくうどんはなかなか、めずらしいのではないでしょうか。

うどんもただのうどんではなくて、

生地のなかに豆を練り込んである豆うどんです。

まめを練り込んだうどんってめずらしいんじゃないですかね。

そもそも、ざんざ亭がある長谷、杉島地域では

豆腐の代用品として、

まめ豆腐という郷土料理があり、

小麦粉に大豆を潰したものを練り込んで、

スイトンなどに入れていたそうです。

豆を入れることによって、

独特の弾力と風味がでてとてもおいしいものです。

これを長谷食文化研究会の小松さんに教わり、

まめ豆腐の応用で、

麺にしてみたら面白いんじゃないかと思い付き、

豆うどんが出来ました。

豆の風味と弾力がありとても面白いうどんになっていると思います。

また、季節に採れる豆を入れてこうと、

最近までインゲン豆を練り込んでいました。

麺がほのかに緑色で見た目も楽しいです。

これからは大豆がとれるので、

大豆の豆うどんですね。

皆様、是非豆うどんをお試しください!

016_20111026232608.jpg

インゲン豆を練り込んだ豆うどんです。

インゲン豆は、これでおわりかなあ。

今度は大豆の豆うどん♪
スポンサーサイト
2011/10/26(水) 23:29 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。