長谷屋ん、

はせやん

Author:はせやん
囲炉裏のお宿
ざんざ亭代表

長野県伊那市杉島1127
電話0265-98-3053

 
山師の長谷屋ん、
木の伐採、枝下ろし、支障木の処理、山の手入れ 長谷屋ん、営業時間外 山師やっています。
御気軽にご相談ください。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
私は山師という生き方を生きたいと思っています。

山師とはいっても、詐欺師や投機的な意味ではなくて、

山という広大でかつ厳しいものに向き合いながらも、

それらが生み出してくれるさまざまな恵みを生かしていける

ような山師になりたいのです。

山といっても色々で、登山などのレジャー的なものもあるし、

木材生産として、または環境保全のための山もあるでしょう。

山菜採りキノコ採りも山だし、

狩猟も山だし、

山裾の生活そのものも山であると考えています。

それら山にかかわる部分にたずさわりながら

生きていくことが私の思っている山師としての生き方です。


3年前にいままで働いていた林業の仕事を辞めて、

飲食業の世界に入りました。

しかし、自然と接することが出ない世界が自分にとって

いかにストレスを与えるのかを痛感したのです。

人間が空気を吸わなければ生きていけないのと同じように

自分にとって山がなくては生きてはいけないものだったのです。

そうして、平日林業、週末居酒屋の生活がはじまったのです。

自分の店の料理は手作りを基本としていたので、

ダシもとりスープも鶏をさばいて鶏ガラからとっていましたし、

30品ぐらいを常にメニューとしてつくっっておかなければならないので、

林業をやりながらそれを維持していくのはなかなか大変でした。

休みもあまりなかったけど、

なんとかやり遂げられたと思っています。

そんな生活を続けている折にざんざ亭の宿の経営の話がありました。


長谷屋ん、の店をやっていた時は山と飲食がなかなか結び付けることが出来ず、

ジレンマになっていました。

しかし、ざんざ亭は山とそこに訪れるお客様をつなぐの拠点になれる場所だと

と確信しています。

自分の山師としての生き方、ざんざ亭、お客様、これをつなげたい!

5月も始まりました。


8月がざんざ亭の始まりです。

どうぞ、よろしくお願いします<(_ _)>。


(山師としてはまだまだ未熟なので精進あるのみですね!)







スポンサーサイト
2011/05/01(日) 23:04 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。