長谷屋ん、

はせやん

Author:はせやん
囲炉裏のお宿
ざんざ亭代表

長野県伊那市杉島1127
電話0265-98-3053

 
山師の長谷屋ん、
木の伐採、枝下ろし、支障木の処理、山の手入れ 長谷屋ん、営業時間外 山師やっています。
御気軽にご相談ください。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
007_20100310012317.jpg

山はまた雪山に逆戻りです。

015.jpg

あまりの寒さで、氷の結晶もこんなに成長しました。

こんな日は焚き火で暖をということで、火を起こしたのですが、

なんせ、普段焚き火で使う枯れ木はすべて氷でコーティんグされているため、

全然火付きが悪く、それならば生の木の方がまだ燃えるんじゃないかと、

色々木にチェーンソーで切れ目をいれたりして、

燃焼実験しながら、焚き火をしました。

009_20100310012317.jpg

012_20100310012317.jpg

生木はやっぱり、水を含んでいるのでそのままの状態でいれると、

自分の水分を水蒸気でだしてからでないと燃えないので、

かなり火付きが悪いですね。

そこで、木に切れ込みを入れてみると、

なんと芯材の方が先に燃え始めました。

そうなんですね、生きてる木は芯材とその周りの辺材でできていて、

芯材は辺材の細胞が死んで変質したもので新陳代謝を終えた部分なので、

水分はあまりありません。

辺材は細胞が活発にうごいているぶぶんで、水を吸い上げている部分なので、

水分が多いです。

うーんなるほど、こういった気象条件のときは生木の芯材の部分を切りだして、

燃やしたら、1番燃えそうです。

これは勉強になりました。

色々自分で実際にやってみることって大事だね。





スポンサーサイト
2010/03/10(水) 02:01 | コメント:1 | トラックバック:0 |
コメント

生活改善され委員会 :

なるほど!
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。