長谷屋ん、

はせやん

Author:はせやん
囲炉裏のお宿
ざんざ亭代表

長野県伊那市杉島1127
電話0265-98-3053

 
山師の長谷屋ん、
木の伐採、枝下ろし、支障木の処理、山の手入れ 長谷屋ん、営業時間外 山師やっています。
御気軽にご相談ください。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |


20080928121658.jpg
長谷屋ん、の店の設計士さん家族とそのいとこ家族が、設計士さんが採ってきた大量のキノコとともに、いらしゃいました。


これらのキノコを使ってキノコずくしの料理をつくりました。


20080928182545.jpg

松茸とクロカワも持ってきてくれたので、これも長谷屋ん、アレンジで料理しました。


まず、キノコたっぷりの信州黄金シャモ鍋

    いぐちキノコいり温寄せ豆腐

    納豆とコウタケおろし入り焼き餅

    ポン酢風信州黄金シャモと松茸、クロカワの蒸し物


といったものをつくりました。


天然キノコは洗ったりする手間や下処理が大変だし、キノコの特性を生かした料理をするのがむずかしかったのですが、色々勉強になったし、新しいことにチャレンジする事は楽しいです。


なにより、「おいしい!」と言ってもらえてなによりでしたにひひ

スポンサーサイト
2008/09/29(月) 12:07 | コメント:0 | トラックバック:0 |


20080926131923.jpg
あったかい食べ物が恋しい季節になってきましたねビックリマーク


長谷屋ん、新メニューあさりとタラのキャベツ蒸しです。あたたまりますよー

2008/09/29(月) 11:21 | コメント:0 | トラックバック:0 |

!!!!今年初まつたけ&くろかわです。


20080928182545.jpg
うまそうだなー

2008/09/29(月) 00:54 | コメント:0 | トラックバック:0 |


20080922153538.jpg
長谷屋ん、の料理に欠かせない調味料の三州三河みりんです。


最近、みりんと称してみりん風調味料とか、いろんな物が出回っていますが、多くは、余計な添加物が入っています。このためこういった物は、へんな甘さや重い味が残ります。


三河みりんはもち米、米麹、自家醸造された本格焼酎で造られており、米のうまみの甘さがあり、なんか体にスーと入ってきます。

そして、このみりんを飲んでみると、これがおいしいんですビックリマーク


そんな訳で、長谷屋ん、で三河みりんソーダ(300円)でメニューにのせる事にしましたニコニコ

写真のように切子のグラスでおだしする予定です。


みりんを飲んでみませんかぺこ

2008/09/22(月) 21:46 | コメント:0 | トラックバック:0 |


20080922142546.jpg
信州黄金シャモを買いにJA東伊那へ、

担当の米山さんとシャモです。

お世話になってますヒヨコ

これからもよろしくお願いします!!

2008/09/22(月) 17:23 | コメント:0 | トラックバック:0 |

めっきり涼しくなってきましたが、長谷屋ん、では先週から料理3000円コースで鍋を始めました!


野菜たっぷり、自家製豆腐も入っている信州黄金シャモの水炊き風の鍋ではっきりいってうまいですビックリマーク


コース料理は

信州黄金シャモの鍋

自家製塩辛入り寄せ豆腐

信州サーモンのマリネ

かぼちゃクリームのミルフィーユ仕立てのサラダ

信州黄金シャモの天ぷらと旬野菜天ぷら盛り合わせ

うまみが十分にでた鍋のスープを使った温ひやむぎ

鹿カレー

デザート(手作りシフォンケーキとジェラート)


で十分満足、料理3000円コースです。


長谷屋ん、のコースおすすめですにひひ

2008/09/22(月) 09:13 | コメント:0 | トラックバック:0 |

長谷屋ん、の定休日は、月曜日なのですが、火曜日も中国茶勉強会や仕入れ、仕込みで不定期でお休みすることがあります。今回もそんな日で、ちょっと諏訪に用事に行きました。


行く道中、有賀峠のあたりはぽつぽつと紅葉し始めていましたが、山を見渡せばまだ山が濃く、車から見ただけなんですが、

ああ、本当に濃いなあって感じました。


ふと、最近店の事で、余裕がなくこんな風に自然を感じる事ってなかったなあって・・・思ってしまいました。


なんか余裕がなくなるって、顔も心も吊り上っていく感じで、よくないぜって、心だけでも余裕もって、感受性を広げようぜって、思っちゃいました。でも、今日はなんか山を、樹を感じられて良かったな。


以上です。

2008/09/17(水) 01:18 | コメント:0 | トラックバック:0 |


20080830220901.jpg
生酛を前に紹介したので、次はやっぱりこれでしょと、山廃仕込みを紹介したいと思います。


このお酒は、牧水を造っている武重本家酒造さんのお酒で、ここに牧水を買いに行ったとき、

長谷屋ん、に1つは山廃を置きたいと思っていたのと、濃厚旨口という言葉にひかれ購入しました。

生酛造りは大変な労力と手間がかかると前に書きましたが、山おろしというつらい人力の作業をしないで済む方法がみつかり、つまり山おろし廃止=山廃ができました。山廃は微生物自体に頼った酒造りであるので、全体に米のうまみが出た力強く濃いお酒が多いようにおもいます。

この御園竹の山廃もとろんとしていて、甘口の旨み系です。

後口にアルコールが残るのがちょっと気になります。(このお酒の山廃純米が飲みたいなー。)


山廃仕込みは少ないながらもぽつぽつと、県内でも造っている蔵があるみたいなので、色々飲んで

長谷屋ん、で紹介していきたいですにひひ


2008/09/16(火) 11:24 | コメント:0 | トラックバック:0 |

キノコ
20080913183449.jpg
山はきのこがけっこう生えてるみたいです。ビックリマーク

友人がまた採ってきてくれました。ありがとうー

うまそうだな。

でっかい、ちょっと毒きのこっぽいのが、カラカサタケ・・・フライとか天ぷらにするとおいしいです。

あとは、イグチ類でうまいキノコっす。にひひ

いやー山が呼んでるなー採り行きたいな!

2008/09/15(月) 23:35 | コメント:0 | トラックバック:0 |

水曜日は大人数さんに予約してもらったのですが、仕込中不注意で水蒸気で鼻のまわりにやけどをしてしまいました。

いやーこわいですねー、いたいですよー大変です。気を引き締めなくてはいけません。鼻がちょっとドラえもんみたいになりましたが、そんなに目立たないのかな?気を付けようパンチ!

2008/09/12(金) 01:28 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今日はお母さんが、産後の検診に行くので連れて行った後、息子といっしょに東伊那まで信州黄金シャモを買いにドライブして来ました。

産後1か月で初のちょっとした遠出だったので、心配だったのですが爆睡してたので安心しました。

夜は初めていっしょに風呂に入りました。息子も大きい風呂に入るのは初で、自分も入れるのは初で、なんだかうまく出来たんでしょうか?

まあ、気持ち良い顔をしていたので大丈夫でしょうニコニコ

何かと長谷屋ん、のことで帰りが遅くなるけどなるべく一緒に風呂に入りたいですね。大丈夫でしょうかはてなマーク


2008/09/09(火) 00:13 | コメント:0 | トラックバック:0 |

20080907222430.jpg


長谷屋ん、に置いてるこの2冊の本を、あるお客さんも持っていると言っていました。

1つは、 池田 拓 南北アメリカ徒歩縦横断日記で、1人の若者がアメリカ大陸を歩いた記録で

1つは、下田 昌克 プライベートワールドで、絵描きの下田さんがアジアを旅したときの記録です。

どっちも普通の本屋さんには置いてない本なのでちょっとした驚きとなんだかうれしさがありました。

どっちの本もぱっと読める感じではないんですが、1ページでも読むと印象に残ります。

2008/09/08(月) 16:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |


20080907174454.jpg
友人が山で採ってきてくれたキノコたちです。

いやーキノコの季節がやってきましたね!

手前がしょうげんじ、奥がさくらしめじ、右のでかいのがアカヤマドリです。にひひ

さっそくしょうげんじとさくらしめじをつかって料理してみました。

長谷屋ん、のメニューにだしていきたいですねー。楽しみです。

自分も山に採りにいきたいけど、忙しくてだめみたいですー。でも栂の木に生える松茸だけは採りに行きたいなあキノコ

2008/09/08(月) 01:13 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ある日、身近にあった木、特に大きい木が伐られていたら、みなさんは

「ひどいな。」

「もったいない。」

「かわいそう。」

と思うかもしれません。そうですね、確かにいままであったものがないというのは、切ないですね。

でも、木を伐る側にも理由があります。

例えば、枝の落下、倒木の安全の問題、近所の関係、区画整理などなど理由はさまざまですが、様は今まで生えていた木に対して畏敬し、その木を使いきってあげる、という事が、大事です。

たまに道路などで木を伐らないで不自然に残してある木がありますが、木の中が腐っていないか心配になります。木の根っこを切ったり、枝を切ったりした場合、そこから腐れが入りやすくなり、木の中が空洞になっていくんです。これは外見は生きている様にみえますが、もう死にかけている木なんですね。かわいそうです。

自分としてはこうなる前に、木を伐って伐った木を色々な用途に使ってあげたいなあって思うんですよ。そして、材として大事に使われる事で、その木は伐られてしまったけど、永遠に生き続けるんですね。

そしてまた新しい芽が生えてその木が大きくなっていく。そしてその木をまた伐って・・・循環してけばよいんです。


2008/09/02(火) 01:44 | コメント:0 | トラックバック:0 |
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。