長谷屋ん、

はせやん

Author:はせやん
囲炉裏のお宿
ざんざ亭代表

長野県伊那市杉島1127
電話0265-98-3053

 
山師の長谷屋ん、
木の伐採、枝下ろし、支障木の処理、山の手入れ 長谷屋ん、営業時間外 山師やっています。
御気軽にご相談ください。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |


20080828221239.jpg
このお酒は佐久の武重本家酒造さんの生酛(きもと)造り純米酒 牧水というお酒です。

酒造りには生成の過程で乳酸菌を必要としますが、天然の乳酸菌を使って造るやり方を生酛造りと言います。今造っているほとんどのお酒は速醸酛と言って仕込みのときに乳酸菌を加えてつくっています。それに対し生酛造りはお酒の酛をつくるとき寒の寒い中、仕込み水と蒸米と麹を人力でつぶしながらまぜあわせていくのですが(山卸やまおろし)その過程で空気中の天然乳酸菌が酛で生成されていきます。

ようは生酛造りは今のやり方のお酒の造り方よりはるかに大変で手間のかかるやり方なのです。

長野県では自分が知っているかぎり生酛造りをやっている造り酒屋さんは2軒です。その一つが牧水なんですねえ。

実はこの牧水なかなか扱ってないもので直接蔵元を訪ねて購入しました。静かな集落の昔ながらの大きい屋敷で昔ながらのやり方で牧水は造られているんですねえ。ずっと造り続けてほしいです。

この牧水、生酛独特の酸を感じるお酒です。特にあとからヨーグルト風味が鼻の下あたりにのこります。これが自分には心地がよいです。ぬる燗にするとさらに酸がかんじられ、なんか煮物がくいてえーなんて思っちゃいますにひひ

スポンサーサイト
2008/08/30(土) 02:34 | コメント:0 | トラックバック:0 |
長谷屋ん、を造るときに来てもらった群馬県水上の大工さんがくれた自身手作りのホウノ木おしゃぶりです。仕事の休憩時間にこつこつとけずっていてまさか貰えるとは思っていなかったので、すごく嬉しかったです。こういった物を形にできる大工ってすごいしカッコ良いねー。・・・でさっそく子にしゃぶらせてみましたが、まだうまくしゃぶれないみたいです。カエル
20080826132054.jpg
2008/08/26(火) 13:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |

長谷屋ん、の日曜日の営業時間は11時30分から五時までと夜はやっていなかったのですが、夜の予約の申し込みや、料理の仕込みをしていると「あれ今日はやってないの?」とのお客さんがいたため、通常の日と同様に夜も営業することにしました。

店を開けて6時半ごろだったか、浜松から山登りに来たご夫婦がいらしゃいまして、店の雰囲気や料理や地酒をとても気に入ってくださり、「この店に来て良かった。」とおっしゃってました。今の自分にはとても励みになりますしうれしいですね。2人はよく山登りに来られるようなので、また来てくれる日まで努力して良い店つくりをしたいです。


2008/08/25(月) 12:11 | コメント:0 | トラックバック:0 |
注文していたザリガニがやっと届きました。前回はサイズが色々で苦労したけど今回のやつらはみんなおっきくて良いですねーにひひ
20080822174929.jpg
2008/08/25(月) 01:09 | コメント:0 | トラックバック:0 |


20080823161219.jpg
このお酒は地元伊那市でつくられている 信濃錦さんの天墜です。このお酒は大辛口とは書かれていますが、酸味があり濃厚なので辛いとゆうより芳醇に感じられます。なんかほんとに熟した果物の味が自分にはします。このお酒を数年前、井田屋酒店さんで飲んだときに自分が日本酒好きになる目覚めの酒だったように思います。本当に天から何かが頭にがつんと墜ちてくるような感じを今でも覚えています。こんなお酒に出会わせてくれたいたやさんには感謝ですねえー。ちなみに長谷屋ん、で扱っている多くの酒や調味料をいたやさんでお世話になっています。こういったお店が近くにあることは本当にありがたいですね。

この天墜は酒じたいに力があり濃く原酒でアルコール度数も高いのであんまりぐびぐびいけるお酒ではなくロックでやるとちょうど良いかなと思います。またソーダ割りにすると香りがきわだっておいしいですよ。

2008/08/24(日) 01:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
信州黄金シャモののぼりを頂いた日の午後、伊那ケーブルテレビの番組でローメンテレビに長谷屋ん、を紹介してくれるとの事で、取材の方がみえました。女性のレポーターの方が、鹿カレーや寄せ豆腐や鹿ハムを食べながら自分と話していくといった内容で、カメラが回っているのでなかなか緊張しました。来週から一週間放送されるのでどんな様子だったか見たいような見たくないような感じです。でもこれが店の良い宣伝になったらと思います。
2008/08/23(土) 15:18 | コメント:0 | トラックバック:0 |
チキンスープカレーや鶏料理でつかっている信州黄金シャモを育てている東伊那のアルプス地鶏研究会さんから信州黄金シャモののぼりを頂きました。なかなかカッコ良いです。
20080821115929.jpg 20080821120133.jpg


2008/08/22(金) 09:27 | コメント:0 | トラックバック:0 |
中日新聞が出している中日伊那ホームニュースの8月27日号に表紙に長谷屋ん、を宣伝してもらえることになったので取材の方がみえました。あいにく外が曇り空だったため、店内での撮影だったのですが、一人だけの撮影のためどうも空間にたいしてさびしくなってしまうらしく、何回も撮り直しをして最終的に背後にお酒の瓶を並べておすすめのお酒を持ったアップの自分を撮ることで決まりました。アップの写真はちょっと気恥ずかしいけど、長谷屋ん、の良い宣伝になったらいいなあとおもいました。
2008/08/21(木) 00:41 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今日は月一回の中国茶教室です。長谷屋ん、は月曜日の定休日の他に火曜日が不定休になるのですがそれはこの教室があったり食材の仕入れにいったりする事があるためです。長谷屋ん、で飲める中国茶もここの林先生から買っています。この教室では一回で五種類ほどのいろんなおいしいお茶が飲めるため楽しいし、勉強になります。ここで出会ったこれは!というお茶を長谷屋ん、で提供できればと思います。

私と中国茶の出会いはちょうど一年前ある店で飲んだ凍頂烏龍茶に感動したことから始まります。そのお茶の甘みとなによりお茶の香りはいままでのお茶では、味わったことのないもので、もっと中国茶を飲みたいと思い、この中国茶教室の存在を知って今に至っています。だから、長谷屋ん、で中国茶を置いているのもこのおいしさをもっとみんなに知ってほしいとの思いがあります。

中国茶は奥が深いし種類も何千とあるので勉強あるのみです。中国茶飲むとリラックスするんだよなーアップ

2008/08/20(水) 01:12 | コメント:0 | トラックバック:0 |
日曜仕事が終わって妻の実家へ様子を見に行くと妻が育児にちょっと疲れたのかプチストライキ?を起こしたので、朝まで子供の面倒を見ることになりました。ここのところ一人で色々とやることが増えお疲れぎみだったのですが、これも父ちゃんの役目だなあとおもいながらみていたのですがミルクをやってもなかなか寝てくれません。いろいろあやしたりおしめを替えたり、さらにミルクをあげたりで、やっと寝てくれたのが、夜中の2時すぎで自分もやっと子のそばでごろ寝しましたが、4時過ぎにまたぐずりだし、おしめを替えてるところで、お母ちゃんが起きてきて交代となりました。お母ちゃんもこうやって子供をみて寝不足だったのでやっとまとまって寝れたんじゃないかな?大変だな・・・でも自分もかなり疲れたので自宅に帰って午前中爆睡してしまいました。長谷屋ん、が休みの日も色々やることがあるのですが、まあこんな日もあっていいかなにひひ
2008/08/20(水) 00:27 | コメント:0 | トラックバック:0 |

元の仕事の同僚(反省会?)が来てくれました。

仕事お疲れ乾杯ですね



2008/08/14(木) 00:19 | コメント:0 | トラックバック:0 |

息子が生れて一週間が過ぎました。今妻と子供は実家に帰っています。とは言っても、我が家から100m程のところに妻の実家があるので、朝仕事の行くまえと夜仕事」が終わったあとに会いに行けます。ここのところ夜、家に帰ってきても店で使う布きんの洗濯やら、服の洗濯やその他雑多なことを済ませなければならないので、かなりの寝不足と疲れが溜まっていたのですが、(こういう事は今まで妻がやってくれてたんですねえ。しみじみ・・・)

子供の顔を見たら頑張るぞ!と元気が出てきます。父ちゃんは稼いでくるでなってかんじです。

さて、長谷屋ん、の方はというと、店があまり目立たないとのことで、のぼりを立ててみました。

                                      





2008/08/14(木) 00:13 | コメント:0 | トラックバック:0 |

                       


最近、松本の酒屋さんから取り寄せている十五代九郎右衛門というお酒です。このお酒は、木祖村の湯川酒造店さんが特別に造っているお酒で、とり扱っている酒屋さんは非常に少ないそうです。

味は、甘みを感じるけど辛くもこくもあり、後味はすっきりしているとても良い酒だとおもいます。木曾地方で良いお酒を探していたのでこういうお酒に出会えたことはとてもしあわせに思うしみなさんにもっと知ってほしいお酒だなあと思いました。この事を松本の酒屋さんにお話したら、とても嬉しそうに自分はどんなに無名でも自分がおいしいと思ったお酒を店にに置いているので、お客さんに気に入ってもらえるととてもうれしい、とおしゃっていました。自分も長谷屋ん、でお酒だすということは、ただ酒としての商品をだすのではなくいろんな人々のおもいのあるお酒をもっとみんなにしってもらいたいとの気持ちもあるのでとてもうれしく思いました。湯川酒造店さんのホームページを見てみると、若い女性の方が酒造りの修業をしておられるみたいでその熱い気持ちが伝わってきます。これからどんなお酒を造るのか楽しみです。

2008/08/11(月) 23:57 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今お母さんと陽がいる個室に急きょ手術する妊婦さんが入るため大部屋に引っ越ししました。妻は何かと気を遣うと嫌がってますが金曜に退院するのでまあ、ちょっとの我慢です。それに個室は料金が高いので内心はちょっとほっとしてる父ちゃんです。さて、長谷屋ん、店の方は、今日バイトのゆかさんが、急きょ来ることができなくなったので、一人でやりました。平日にしてはまあまあ、お客さん」が来てくれたので忙しかったけどなんとかこなせたかなあ、みんな満足してくれたか気になるところです。修行です、あしたもやるぞ!

2008/08/06(水) 01:18 | コメント:0 | トラックバック:0 |

赤ちゃんて、お母さんから出て来るとき、なんか羊水やら汚物やらがついてすごい状態ででてくるんですね。

でも、なんかそんな子が、とても神々しくって、眩しく見えたよ、とてもきらきらしてみえたよ。って思えました。

なんか生まれるって、すげーいのちってすげーって感じです。

伊那中央病院は産後子供の免疫力を落とさないために、体をしばらくは洗わないため、赤ちゃんはお母さんの羊水の匂いがします。なんか、いままで嗅いだことないちょっと香ばしくて不思議な匂いがします。

2008/08/04(月) 23:37 | コメント:0 | トラックバック:0 |

私たちたちにとって初めての子供、男の子を授かりました。

五月に店を始めて日々忙しく過ごしてきましたが、昨日と今日の二日間はとても濃密で忘れえない日になったと思います。昨日は伊那祭りだったので長谷屋ん、も忙しかったのですが、そんな時妻からの電話で陣痛が始まったようだとのしらせが・・・え、こんな時にと思ったのですがまだすぐに病院に行くとかの話ではないようなので一安心、なんだかんだで店を終え家に帰ったのが一時ごろ。妻は今までになくつらそうだったのですぐ寝かせ自分も雑多なことをして二時ごろふとんに入りちょっと、うとうとしていたら妻が破水したとの事そんな訳で伊那中央病院にすぐ一緒に行き入院しました。・・・それから約十二時間後に無事男の子誕生!何と言うかなんか疲れなんかどこかに飛んでいってしまうとともに、とてもいろいろな事を考えさせられました。何より自分が妻といっしょになって頑張り出産を共有できた事これは本当にすばらしい事に思えます。とは言っても、自分に出来る事といったら背中をさすりつつける事と励ますぐらいの事しか出来ないですけどね、妻は自分の力を振り絞りある意味命を削って十か月一緒にいた分身のようなわが子をこの世に送りだしてくれたわけでよく頑張った!母は強いそれだけです。(自分もその苦しみや痛みせめて半分あじわいたいぜ)  

母が全身ありったけの力を出して産みだした子、陽はる君の未来をちゃんと作ってやれる親にならなければ、がんばろう!




2008/08/04(月) 02:32 | コメント:0 | トラックバック:0 |
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。