長谷屋ん、

はせやん

Author:はせやん
囲炉裏のお宿
ざんざ亭代表

長野県伊那市杉島1127
電話0265-98-3053

 
山師の長谷屋ん、
木の伐採、枝下ろし、支障木の処理、山の手入れ 長谷屋ん、営業時間外 山師やっています。
御気軽にご相談ください。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
         ざんざ亭

006_20110824235152.jpg

伊那市長谷の豊かな自然の中にある古民家の囲炉裏宿です。

古民家の落ち着いた雰囲気の中で、

季節ごとの旬の地元食材を使った

山師料理をお楽しみください。



お宿泊  1泊2食付き6000円~8500円

お食事 お昼 2000円~3000円
     夜 3000円~

お食事は囲炉裏で焼いたイワナの塩焼き、
    地元食材を使った郷土料理、
    地元野性山肉のジビエ料理を味わえます。

1月から2月は休館させてもらいます。よろしくお願いします。



お問い合わせ 
        〒396-0406
長野県伊那市長谷杉島1127
�&fax 0265-98-3053
        メール haseyan@inacatv.ne.jp


フェイスブックやっています。のぞいてみてください!
スポンサーサイト
2012/02/20(月) 23:50 | コメント:0 | トラックバック:1 |
テレビ朝日系 「いきなり黄金伝説」の29日年末特番に、

ざんざ亭がある伊那市長谷が登場しましたね。

実はわたくし、はせやんが色々とお手伝いしました!

岩茸採りの現場では、

ちょっとだけテレビ出演してましたね~。

岩茸料理紹介の「岩茸入り茶わん蒸し」と「岩茸の揚げ出し」

はざんざ亭の料理です。

是非、ざんざ亭にて召し上がってください(^ ^)
2011/12/31(土) 09:05 | コメント:0 | トラックバック:0 |
012_20110416194247.jpg

伊那市高遠城址の高遠コヒガン桜を見に行ってきました。

高遠城址は小高い山のあり下の方は満開でしたが、

城址周辺は5分咲きといったとこでした。

例年だと、この時期人がすごいのですが、

震災の影響もあり例年よりもかなり人が少なく、

残念です。

地震の被害にあわれた方は花見どころではないのですが、

そうでない方は花見をして元気を出していきましょう!

それが、日本の活力につながるはずですからね!



高遠にお越しの際は、

ざんざ亭もお寄りください。

次のシーズンはご宿泊ご利用できます!

それまで、私たちも精進してお向かい出来る用意をしています。








2011/04/16(土) 19:57 | コメント:0 | トラックバック:0 |
003_20110414233128.jpg

カラマツの芽が出始めました。

005_20110414233128.jpg

長谷の山では一番早く咲くジシャも満開です。

いろんな命が活動を始めましたね!

2011/04/13(水) 23:28 | コメント:0 | トラックバック:0 |
長野県は県としては3番目に大きいので、

天気が地域によってだいぶ違ってきます。

県庁所在地長野市がある北信地域が雪でも伊那では晴れていることが多いのです。

伊那は冬型の時は寒いけど晴れているのですが、

南から低気圧が来ると雪がふります。

今回はそんなんで、

結構雪がふりました。

こんな時は山仕事はできません。

006_20110214063547.jpg

はせやん2号は雪遊び楽しそうです。
2011/02/12(土) 06:39 | コメント:0 | トラックバック:0 |
突然ですが、

前歯が根元から折れてしまいました。

べつに、

誰かと殴りあったわけじゃありませぬ・・・

すげーまぬけなかおになったな~はっはっは!!

2010/10/06(水) 00:27 | コメント:0 | トラックバック:0 |
004_20101003134933.jpg

地区のお祭りでした。

田楽座の人たちもきて、

太鼓やら、ラッパやらでにぎやかでした。

はせやん2号も興味津津、

興奮気味でした。

2010/10/03(日) 13:55 | コメント:0 | トラックバック:0 |
011_20100814072325.jpg


今の時代、身の回りには物があふれ何不自由なく暮らすことが出来る。

そんな中でこの本の作者、

服部文祥はあえて自分を厳しい大自然の中に、

放り込む。

ある時はたった1人で食糧を山から採取しながら南アルプスの奥部や、

北海道の日高山脈を歩きまわり。

ある時は豪雪で厳しい冬の黒部を横断したりする。

それはなぜか?

足らないモノがない世の中で、

自分が生きているんだという実感を得るためだと言う。

生きているという実感・・・

今は便利な世の中だ、本当にモノにあふれにあふれている。

しかし人はもっともっと便利になろうとし、

人はもっともっと楽をしようとし、

ひとはもっともっと怠惰になり、

自然から離れていく。

そうして、自然の中の1部ということを忘れた人間は、

資源を我が物顔で食いつぶしていく。

そうした行く末に未来は・・・?

そう言っている自分ももちろん便利さを享受している人間の1人です。



でも自分なりに生きている実感を得たいと体が欲しているし、

ちゃんと生きていきたいということは自分のテーマであります。

林業をやり自然の恵みを活かした店をやってるのもそのためなんですね。

これからももっともっと自然とかかわっていくでしょう。


この本を読んで、

そのことを深く感じました。

みなさんは生きている実感ありますか?











2010/08/13(金) 01:19 | コメント:0 | トラックバック:0 |
002_20100727062333.jpg

長岡に遠征に行っていたかわいらしいお嬢さんが、

お土産を持ってきてくれました。

わー!(人'▽`)ありがとう☆!!

柏崎のデュラン!!!

今度、弾き語り聞かせてくださいね。

2010/07/24(土) 06:28 | コメント:2 | トラックバック:0 |
001_20100716035711.jpg

ここのとこの雨でまったく山仕事が出来ません。

そんなもんで、はせやん2号とともに軽トラで、

権兵衛トンネルを抜けて、木曽に行き木地をみながら、

清内路峠を通って、飯田から帰ってくる周遊ドライブに。

南木曽の木地を扱う店は相変わらずおもしろく何時間でもいたいんだけど、

バケツをひっくり返したような雨がふってきて、

峠のゲートが封鎖されては困るので、

あわただしく帰ってきました。

また今度はゆっくり見たいねー。

2010/07/14(水) 03:55 | コメント:0 | トラックバック:0 |
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。